〜 補正、加工、スライドショー 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Smileframe




Smileframe とは

 クライアントサイド社が開発し、フリーでダウンロード公開している画像ビューアです。
自分のパソコンに保存した写真だけでなく、SNSやクラウドに保存した写真も、まとめて閲覧可能です。
一枚づつ閲覧することは勿論、スライドショーにも対応しています。
またタッチパネル操作にも対応していますので、タブレット端末でも使いやすい作りです。


必要環境

OS:Windows Vista/7/8/10


機能


ダウンロード方法

  1. Smileframe のホームページに行きます。
  2. トップページが表示されますので、Windowsデスクトップ(Windows Vista以降)の下の「Get on Windows Desktop」ボタンをクリックします。
  3. ダウンロード画面が表示されますので、「いますぐダウンロード!」ボタンをクリックしてダウンロードします。



インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックして実行します。
  2. セットアップウィザード開始画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾契約書が表示されますので、内容を確認の上、「同意する」にチェックを要れ、「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  5. プログラムグループ指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  6. 追加タスク設定画面が表示されますので、デスクトップアイコンやコンテキストメニューが不要であればチェックを外し、「次へ」をクリックします。
  7. インストール準備完了画面が表示されますので、「インストール」をクリックします。
  8. インストール完了画面が表示されますので、「完了」をクリックします。

使用方法

  1. WindowsのスタートメニューからSmileframeを起動します。
  2. Smileframeの画面の左下の「+」をクリックします。
  3. アカウント追加画面が表示されます。 閲覧する写真の所在が自分のパソコン内のフォルダなら、「ローカル」の中の「フォルダ」をクリックします。フォルダー選択ダイアログが表示されますので、写真フォルダを選択して「OK」をクリックします。
  4. 同様に写真の所在がSNSサービスなら「Googleフォト」「Facebook」等、クラウドサービスなら「OneDrive」「Dropbox」「Googleドライブ」「iCloudフォト」から選択すると、各サービスのログイン画面が表示されますのでログインします。ログイン後にSmileframeからのアクセス許可設定画面が表示される場合は、許可します。
  5. Smileframeのホーム画面に上記で登録したフォルダやサービスが表示されますので、閲覧したいものをクリックします。
  6. サムネイルが表示されますので、閲覧したい写真をクリックします。 スライドショーを行いたいときは、画面下部の再生ボタンをクリックします。

関連ホームページ