〜 補正、加工、スライドショー 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Photoshop Express Editor




Photoshop Express Editor とは

 アドビシステムズ社が開発し、フリーで提供しているオンライン画像処理サービスです。
メニューは、以前は日本語化済みでしたが、今は英語のみになっています。
補正やフィルタは、数字入力ではなく、効果量の大小を変化させた複数の候補プレビューから選ぶ方式ですので、 初心者にも使いやすくなっています。
対応画像データはJPEG形式のみです。


必要環境

インターネット接続とブラウザ


機能


ダウンロード方法

  1. 不要(オンラインサービス)



インストール方法

  1. 不要(オンラインサービス)

使用方法

  1. Photoshop.comのホームページに行きます。
  2. Photoshop.comのトップページが表示されますので、メニューバーの「ツール」−「Photoshop Express Editor」を選択します。
  3. 編集対象選択画面が表示されますので、「写真をアップロード」ボタンをクリックします。
  4. 英文で注意書きが表示されますので、「upload」ボタンをクリックします。 注意書きは、サポートしているフォーマットはJPEGのみであり、16M画素以下のJPEGを推奨する旨の内容です。
  5. ファイル選択ダイアログが表示されますので、編集対象画像ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  6. トリミングを行う時は、左メニューの「Edit」−「Crop&Rotate」を選択し、画像四隅の四角マークをドラッグして大きさを調整、画像中央付近をドラッグして位置を調整し、調整を完了したら画面右下「Done」ボタンをクリックします。
  7. リサイズを行う時は、左メニューの「Edit」−「Resize」を選択し、画面上部やや右の「Height」「Width」欄にリサイズする画素数を入力し、画面右下「Done」をクリックします。
  8. 補正を行う時は、左メニューの「Edit」の中の「Auto Correct」(自動補正)、「Exposure」(露出補正)、「Saturation」(彩度補正)、「White Balance」(ホワイトバランス補正)、「Heighlight」(明るい所を中心とした補正)、「Fill Light」(暗い所を中心とした補正)を選択すると、画面上部に補正候補サムネイルが表示されますので、希望の調整結果を選択し、「Done」をクリックします。

関連ホームページ