〜 補正、加工、スライドショー 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

CubeImage Resize




CubeImage Resize とは

 '10年7月7日よりフリーソフトを中心にPC向けソフトの提供を開始した、大阪に拠点を置くキューブソフト社が、フリーでダウンロード提供しているリサイズソフトです。
 JPEGの圧縮レベル指定や、明るさ/鮮やかさ/コントラストの自動画質補正、モノクロやセピアフィルタ処理も可能です。


必要環境

OS:Windows XP/Vista/7
その他:.NET Framework 2.0以降


機能


ダウンロード方法

  1. CubeSoftのホームページに行きます。
  2. トップページの「CubeLab」をクリックします。
  3. CubeLabのページが表示されますので、CubeImage Resizeの行の「使ってみる」をクリックしてダウンロードします。



インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックして実行します。
  2. セットアップウィザード開始画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾契約書が表示されますので、内容を確認のうえ、「同意する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  5. プログラムグループ作成画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  6. 追加タスク選択画面が表示されますので、デスクトップ上にアイコンが不要な場合はチェックを外し、「次へ」をクリックします。
  7. CubeToolbarインストール画面が表示されますので、必要に応じてチェックを外し、「次へ」をクリックします。
  8. インストール準備完了画面が表示されますので、「インストール」をクリックします。
  9. 暫くするとセットアップウィザードの完了画面が表示されますので、「完了」をクリックして完了です。

使用方法

  1. WindowsのスタートメニューからCubeImage Resizeを起動します。
  2. 設定画面が表示されますので、左上の「サイズを変更する」にチェックを入れ、その下の欄でリサイズ後の画像サイズを指定します。
  3. 自動画質補正やフィルタが必要な場合は、左下の「画質効果」の任意の項目にチェックを入れます。
  4. 設定が完了したら、画面右下の「設定を保存」をクリックします。
  5. リサイズ対象画像データを画面右上の枠にドラッグ&ドロップすると、元画像データと同じフォルダに処理画像が作成されます。

関連ホームページ