〜 補正、加工、スライドショー 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

PixBuilder Studio




PixBuilder Studio とは

 WnSoft社が開発し、フリーでダウンロード公開している画像処理ソフトです。
ダウンロードサイズで約3MBと非常に軽量ですが、レイヤー機能にも対応しています。
海外メーカ製ですが、メニューも日本語化されています。


必要環境

OS:Windows XP/Vista/7


機能


ダウンロード方法

  1. WnSoftのホームページに行きます。
  2. トップページの画面上部メニューの「PixBuilder」をクリックします。
  3. PixBuilder Studioのページが表示されますので、「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。



インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックして起動します。
  2. 使用許諾画面が表示されますので、「I accept the agreement」をクリックします。
  3. ソフトのバージョン指定画面が表示されますので、「Standard version」のまま「Next」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  5. スタートメニューフォルダ指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  6. デスクトップアイコン作成確認画面が表示されますので、必要に応じてチェックを外し、「Next」をクリックします。
  7. PicturesToExeの試用版インストール画面が表示されますので、必要に応じてチェックを入れ、「Next」をクリックします。
  8. インストールが始まり、暫くするとセットアップウィザード完了画面が表示されますので、「Finish」をクリックします。
  9. ファイルの関連付け画面が表示されますので、必要に応じてチェックを追加し、「OK」をクリックします。

使用方法

  1. WindowsのスタートメニューからPixBuilder Studioを起動します。
  2. PixBuilder Studioの画面が表示されますので、メニューバーの「ファイル」−「開く」を選択します。
  3. ファイル選択ダイアログが表示されますので、編集対象ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  4. トリミングを行う時は、画面左アイコンバーの中の矩形マーカー(破線の四角形アイコン)を選択し、トリミング領域をマウスでドラッグした後、メニューバーの「編集」−「選択領域をクロップ」を選択します。
  5. リサイズを行う時は、メニューバーの「編集」−「イメージのサイズ」を選択し、表示されるイメージのサイズダイアログで、ピクセル若しくは長さの単位で幅/高さの何れかを入力後、「OK」をクリックします。
  6. 補正を行う時は、メニューバーの「カラー」の中の「明るさ/コントラスト」や「カラーバランス」を選択します。
  7. フィルタ処理を行う時は、メニューバーの「効果」の中の「クイックぼかし」「シャープ」などを選択します。
  8. レタッチを行う時は、メニューバーの「ツール」の中の「ブラシ」や「消しゴム」などを選択します。

関連ホームページ